開発者ブログ

機体紹介:マスラオ&スサノオ




機動戦士ガンダムOOの10周年にセンチメンタリズムを感じずにはいられない企画の新兵サトーです。
さて今回は、ランクマッチSeason17『いざ尋常に、勝負!』キャンペーンで入手可能な
「マスラオ」「スサノオ」をご紹介いたします。



line

 ●マスラオ紹介①「基本武装」

マスラオはオーバーフラッグを設計ベースに開発された格闘戦に特化した機体で、
ガンダムに対する某ミスターの執念が感じられる武装をご紹介していきます。

・メイン攻撃は頭部搭載の「レーザー機銃」
 頭部バルカン系の武装では比較的[射程]と[弾数]に優れ、
 近距離戦では自慢の格闘攻撃を当てるチャンスを作ることができます!

・サブ攻撃は「ビームチャクラム」
 粒子ビームを円環状に形成して発射する本武装は、
 攻撃を連続して命中させた場合、よろけ状態にさせやすい点が特徴です。
 メイン攻撃と併用してよろけ状態を狙っていきましょう。

・特殊攻撃1では「カウンターダッシュ」で敵機へ急接近します。
 前方からの射撃攻撃をガードしながら高速で前進し、
 格闘攻撃を受けた場合は強烈なカウンターを繰り出します。

 そして特殊攻撃1(↓)は「ガードブレイク」
 文字通り敵機のガードを無効化する攻撃を行い、さらによろけ状態にすることができます。
 連続攻撃した際のダメージ減衰が少なく、また強制的にダウンさせにくいため、
 大ダメージを与えるコンボを叩き込みやすくなっています。

・格闘攻撃は「GNロングビームサーベル」「GNショートビームサーベル」
 ダメージ属性はビーム格闘の強力な攻撃。なかでも格闘攻撃(N)は高威力となっています。

 ●マスラオ紹介②「TRANS-AM」

特殊攻撃2ではマスラオの奥義「TRANS-AM」を発動。
某ブシドーの盟友が作り上げたTRANS-AMはなんと、戦闘開始時から使用することができます!

TRANS-AMを発動すると機体性能の向上に加えて、特殊攻撃2にアクションが追加!
左スティックを上方向に入力しながらでは、特殊格闘で攻撃。
特殊格闘は溜め攻撃になっていて、溜め段階に比例して性能が向上します。

左スティックがニュートラル、または上方向以外に入力していた場合は回避行動を行います。
高度が低めなので地上で使用した場合に着地硬直が発生せず、機敏に戦えます。

追加アクションの特殊格闘と回避行動は制限なく使用できますが、
使用した場合はTRANS-AMの持続時間が減少します。

TRANS-AMの持続時間が終了した場合は強制的にオーバーヒートとなります。
このオーバーヒートは通常より長い回復時間を要するため、ピンチに陥いる可能性が高くなります。
慎重に使用タイミングを見極めましょう。

また、TRANS-AM発動中は格闘攻撃(N)の攻撃回数が増加し与えるダメージが上昇!
格闘補正値の高い本機が繰り出す格闘攻撃はダメージが期待できるので、
宿敵である、あのガンダムにも果敢に接近戦を挑みましょう!

 ●スサノオ紹介①「基本武装」

ここからは、マスラオ改めスサノオをご紹介。
スサノオは、ガンダムとの因縁に決着をつけるべくマスラオに強化改造を施した機体となり、
武装や装甲を追加されたほか、白と黒のカラーリングへ変更されているのが特徴です。

・メイン攻撃の「レーザー機銃」はマスラオと同様の性能で、
近距離戦で優位な状況を獲得しやすい武装です。
弾数が多いことを利用し、ガンガン使って押し込んでいきましょう。

・サブ攻撃は溜め攻撃の「トライパニッシャー」を使用します。
溜め段階に比例して弾速やヒット判定、威力等の武装性能が向上します。
最大まで溜めた本武装で敵機に強烈なダメージを与えましょう。

・特殊攻撃1はマスラオと同様の武装で「カウンターダッシュ」を行い
左スティック入力によって「ガードブレイク」へ変化します。
機体正面からの射撃攻撃をガードしながら高速で突進するカウンターダッシュは
接近戦で真価を発揮する本機と非常に相性が良く、敵機に接近するための移動手段としても優れています。

マスラオはビーム格闘系攻撃ですが、スサノオの格闘攻撃は、
「強化サーベル(ソウテン)」での攻撃を中心とした実弾格闘系攻撃になります。
格闘機らしく威力が高めになっているので、積極的に格闘攻撃を行い敵機にダメージを与えましょう。

 ●スサノオ紹介②「TRANS-AM」

本機の特殊攻撃2「TRANS-AM」は任意で途中解除可能です。

TRANS-AMを途中解除した場合は、強制オーバーヒートとはならず
TRANS-AMの残り持続時間に応じて、特殊攻撃2発動に必要なリロード時間が減少します。

そしてスサノオの新機能はトランザム解除だけではありません。
TRANS-AMの持続時間終了時に持続時間が延長され、
マスラオより長い時間TRANS-AM状態で戦うことができます。

しかし延長された持続時間中にはTRANS-AM解除を行う事が出来ず、
持続時間が終了すると、通常よりも長い特殊なオーバーヒートが発生してしまいます。
慎重に「TRANS-AM解除」を使用してオーバーヒートを避けるか?
イチかバチかトランザムを維持して一気に畳みかけるか?状況に応じて判断しましょう!

もちろんマスラオと同様にTRANS-AM中は特殊格闘と回避行動がアクションが追加され、
持続時間が減少してしまうものの、追加アクションはTRANS-AMが続く限り無制限に使用できます。
強力なTRANS-AMを駆使して、因縁のライバルを圧倒しましょう!

そして本機も、TRANS-AM中は格闘攻撃(N)の攻撃回数が増加し威力が上昇!
素早い連続攻撃で敵機へ大ダメージを与えることができます。

 ●スサノオ紹介③

最後にちょっとしたテクニックをご紹介。

ガード状態の敵機にはガードブレイクを狙いたいですが
ちょっと距離が離れていたり、回避行動などを狙っていそうな場合は、
あえてレーザー機銃を使ってみましょう。

レーザー機銃をガードした敵機はガード硬直が発生し、すぐには動けません。
連続発射する武装で攻撃すると、その間は敵機が動きづらくなります。
撃ちながら接近して、すかさずガードブレイクやタックルを行う事で攻撃が成功しやすくなります!
ぜひ、状況に応じて使ってみてください。

line


戦闘開始時から使用できる「TRANS-AM」に加えて、
「カウンターダッシュ」「ガードブレイク」といった
接近戦で無類の強さを見せる「マスラオ」「スサノオ」が手に入る
ランクマッチSeason17『いざ尋常に、勝負!』キャンペーンは、
2017年11月1日 5:59【予定】まで開催しています。
※前回と終了時刻が異なりますのでご注意ください!

※キャンペーンの詳細はコチラ!

さらに、「ガンダムエクシア」「ガンダムデュナメス」「ユニオンフラッグ」が手に入る、
復刻キャンペーンも2017年11月2日 13:59【予定】まで開催!
ランクマッチSeason17『いざ尋常に、勝負!』キャンペーンと合わせてご活用ください。

※キャンペーンの詳細はコチラ!


line

今回のランクマッチSeason17で先行入手できる人気機体「ダブルオークアンタ」について、
ここからちょこっとだけご紹介したいと思います。

メイン攻撃は「GNソードⅤ・ライフルモード」
左スティックを下入力しながらでは「GNソードⅤ・ライフルモード(高出力)」に変化。
サブ攻撃は「GNビームガン」で攻撃します。

特殊攻撃1では3種類の武装が使い分けられます。
「GNソードビット(シールドモード)」:敵の射撃攻撃を無効化するバリアを生成!
「GNソードビット(一斉射出)」:敵機へ向けてGNソードビット射出してオールレンジ攻撃。
③「GNバスターライフル」:強力な照射攻撃!

なお、「GNソードビット(一斉射出)」は「実弾格闘系攻撃」属性となっていて、
IフィールドやフルアーマーZZガンダム等の増加装甲で無効化することができません。
強気に出てきた敵機を返り討ちにしてやりましょう!

上記3種類の武装は弾数を共有しているので、乱発には注意が必要ですが、
状況に合わせて行動を変えられることが本武装の魅力です。

そして、特殊攻撃2では「QUANTUM BURST」を発動!
装甲をパージし、クアンタムシステムを発動することで、
機体の周囲にGNソードビットを展開させた状態となります。

装甲をパージしているので全ての装甲値が減少してしまいますが、
それ以外の性能が向上し、攻撃内容が一部変化します。

システム発動後の特殊攻撃2は「量子ジャンプ」に変化。
高速で移動しつつ量子化し、量子化中はロックオンを無効化して無敵状態になります!
攻撃行動で量子化状態は解除されてしまいますが、極めて強力な行動です。

OOガンダムシリーズの機体が多く持つ機体スキル「TRANS-AM」もモチロン使えます。
しかも!「QUANTUM BURST」発動後は「QUANTUM BURST(フルパワー)」に変化。
どちらも移動性能等の機体性能が向上し、一定時間パワーアップできます。

「ダブルオークアンタ」の紹介はここまでとなりますが、
そのポテンシャルの高さを、ぜひランクマッチSeason17で手に入れて確かめてみてください!

最後に一つだけ・・・、冒頭でもご紹介いたしましたが。
機動戦士ガンダムOOは今年で10周年を迎えました!
秋の夜長にテレビ版から劇場版までを見直してみてはいかがでしょうか?
OOガンダムシリーズの機体が使用できるバトオペNEXTがより一層楽しめますよ!


2017/10/19 17:01
1 / 11
▲PAGE TOP